ピロリ菌検査について

保険適用になったピロリ菌検査

かつてピロリ菌の除菌治療は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの病気についてのみに健康保険が適用されていましたが、2013年2月21日から「慢性胃炎」も健康保険の対象に加わりました。ピロリ菌によって炎症を繰り返す慢性の胃炎に対する薬の有効性および安全性が確認されたためです。
また、保険適用の対象となった慢性胃炎は、「内視鏡検査で確定診断された」慢性胃炎であることが大きなポイントです。

ピロリ菌とは

正式名称は“ヘリコバクター・ピロリ”と言います。
ヘリコとは「らせん状」という意味で、バクターとはバクテリア(細菌)、ピロリとは胃の出口で十二指腸へとつながる部分(幽門)を意味する「ピロルス」というラテン語の単語から来ています。この菌は胃の幽門部から初めて見つかりました。
ピロリ菌の最も大きな特徴は、酸素の存在する大気中では発育しないことで、酸素にさらされると徐々に死滅していきます。
大きさは約3μm(マイクロメートル)で、4~7本の鞭毛(べんもう)を持ち、この鞭毛を高速で回し、その回転力で胃の中をドリルのように進み、移動します。
ピロリ菌が強酸性下の胃の中で生育出来るのは、胃の中にある尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解し、アンモニアで酸を中和することにより、自身の周囲の酸をやわらげているからです。

ピロリ菌と胃・十二指腸潰瘍

胃の壁を傷つけ、胃を守っている粘液を減らし、酸の攻撃を受けやすくするので、胃炎や消化性潰瘍を発症させる要因になります。ピロリ菌が胃壁に取り付くと、細胞を弱らせてしまう毒素を出し始めます。すると菌を排除しようと血液中の白血球やリンパ球が付近に集まります。両者の戦いが激しくなると、胃の粘膜が炎症を起こして胃炎になったり、胃や十二指腸の粘膜が深くえぐられて消化性潰瘍になったりすると考えられます。

病気になるしくみ

胃の粘膜傷害は、基本的に胃酸などの攻撃因子と、胃の粘膜を保護する防御因子のバランスの乱れによるものと考えられます。このバランスを乱す原因として、薬剤やストレスがあります。本来治療を目的とした薬剤が、副次的に粘膜を傷害することがあるのです。
解熱鎮痛消炎薬(非ステロイド系抗炎症薬)が直接的に胃の粘膜を傷害することはよく知られています(アスピリンによる胃炎、胃潰瘍など)。また、これらの薬剤には、胃の粘膜を保護している防御因子を減少させる作用もあります。
過度なストレスは胃酸の分泌を亢進させるとともに、酸化反応を引き起こすフリーラジカル(活性酸素など)を発生させ、胃の粘膜を傷害することになります。
このようにして胃の粘膜防御因子が減弱し、さまざま攻撃を受けることにより、胃の粘膜が炎症を起こしやすくなります。さらに、炎症により胃や十二指腸の粘膜が弱くなると、胃酸の攻撃を受けやすくなり、胃炎や胃・十二指腸潰瘍になったりします。
また、こうした胃粘膜刺激の繰り返しにより、胃がんが発生する場合もあります。

ピロリ菌の検査方法

ピロリ菌の感染診断には、大きく分けて内視鏡を使わない方法と使う方法の2通りがあります。

内視鏡を使わない方法

内視鏡を使わないで済むため、手軽に受けることができます。

  1. 尿素呼気試験
    試薬を使って、服用前後の呼気を検査用の袋に吹き込み、その採取した呼気で診断します。簡単で精度の高い検査法です。
  2. 血清・尿中抗体検査
    ピロリ菌に感染すると、人は抗体を作ります。その抗体が血液中や尿中にあるかどうかを調べる方法です。

内視鏡を使う方法

胃炎や潰瘍などの病気があるかどうかを調べると同時に、胃粘膜を採取して調べる方法です。

  1. 迅速ウレアーゼ試験
    ピロリ菌が持っているウレアーゼという酵素の活性を利用して調べる方法です。採取した粘膜を専用の反応液につけて、色の変化でピロリ菌の有無を調べます。
  2. 鏡検法
    粘膜に特殊な染色をして顕微鏡で探す診断法です。
  3. 培養法
    胃の粘膜を磨りつぶし、ピロリ菌の発育環境で培養して判定します。

ピロリ菌の除菌

除菌にはプロトンポンプ阻害薬(胃酸の分泌を抑える薬)と抗生物質を1週間服用します。プロトンポンプ阻害薬で胃酸の分泌を抑えておいてから、抗生物質でピロリ菌を除菌します。服用終了後から約1ヶ月後以降に除菌療法の効果の判定を行いますが、1ヶ月程度だと検査結果が偽陰性(菌がいるのにいないと判定されること)になることがあり、半年以降に判定したほうがいいという意見もあります。この方法による除菌率はわが国では、70~90%と報告されています。
最初の除菌療法でうまくいかなかった場合は、違う薬を使って再度、除菌療法を行うことが出来ます。この方法により、さらに90%以上の方で除菌が可能であったと報告されています。

除菌後も定期的な検査を

ピロリ菌を除菌したら、胃がんにはかからない、検査もしなくていいという思い込みは禁物です。ピロリ菌は消えても、胃がんの発症要因は老化や塩分の摂り過ぎなどいろいろあり、発症リスクがすべて無くなるわけではありません。
このため、除菌治療をしても半年から1年後には定期的に内視鏡検査を受け、経過を観察していくことが大切です。

クリニック概要

内科・消化器内科/内視鏡内科 かしわ台駅前クリニック

住 所

〒243-0402 神奈川県海老名市柏ケ谷1052-2
       かしわ台クリスタルプラザ101号

電話番号

046-234-1234

 

最 寄 駅

相模鉄道本線「かしわ台」駅より徒歩2分

診療科目

内科・消化器内科・内視鏡内科

休 診 日

木曜・土曜午後・日曜・祝日

診療時間 日・祝
9:00~12:00
14:00~15:00
15:00~18:30

は完全予約制 土曜日は13:00まで

QRコードで簡単アクセス